ルイボスティーのデメリットについて

 

ルイボスティーは、南アフリカで長年にわたり健康飲料として飲み続けられてきたお茶なので副作用はありませんし、ノンカフェインですので、お子さんからご高齢の方、妊婦さんまでどなたにでも安心して飲んでもらえるお茶です。
しかし、いくら身体に良いからと言って飲みすぎてしまうと、胃腸に負担がかかってしまいお腹を壊してしまったりすることがあるので適量を心がけましょう。
また、冷たいルイボスティーを大量に飲むことで身体を冷やす原因になるので、お腹を壊しやすい方は冷たくするのを控えて、常温にするかハチミツなどを加えてあったかくして飲むと良いでしょう。
ルイボスティーには少量とはいえタンニンが含まれているので、大量に飲むと腸粘膜が刺激され便秘になりやすいといったデメリットもあります。しかし緑茶や紅茶と比較するとかなりタンニンの量が少ないので、1日に2から3杯程度適量を飲んでいれば心配は要りません。副作用がなくても、強い農薬を使っていたら身体に害があるかもしれないので、健康を害する化学薬品や農薬が一切使用されていないオーガニックルイボスティーなど品質の良いものを選ぶことが大切です。
どのような健康食品でも摂り過ぎは身体に良ないので、体調が悪いと感じたら自分で量を調整するようにしましょう。

 

 

ルイボスティーのメリットについて

 

アンチエイジングやダイエットなどの美容や健康に効果があるといわれている南アフリカのお茶として有名なルイボスティーには、さまざまなメリットがあります。最大のメリットは、あらゆる病気に関係している活性酸素を取り除く分解酵素を多く含んでいることと、抗酸化作用がほかのお茶に比べて高いことです。そのため、ガン予防から卵子の老化を防ぐ働きなどがあります。また、普段の生活で不足しがちな鉄分や亜鉛、カルシウムなどのミネラルが豊富なことも特徴の一つです。また、ノンカフェインのため、赤ちゃんから妊娠中の女性まで飲む人を選ばないことも特徴です。カフェインが含まれていないため、夕方以降に飲んでも紅茶やコーヒーのように睡眠の妨げにならないのも魅力の一つです。身体を温める効果もあるため、不眠に悩んでいる人や冷え性の女性にも飲まれています。味は、番茶や緑茶などの日本茶に比べると少し風味や味に癖がありますが、毎日飲んでいるとそれほど気にならないです。ルイボスティーは冷えた状態でも美味しく飲めますので、夏場は一度煮だししてから冷蔵庫で冷やして飲むこともできます。煮出すときは10分から15分程度時間をかけたほうがよいとされています。

 

 

高血圧はルイボスティーで改善しよう

 

ノンカフェインでミネラル豊富なルイボスティーは、妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲めるお茶として有名です。また健康によいお茶として、注目を集めています。高血圧というのは、血圧が高い事自体も心配ですが、高いままでいると、様々な病気を引き起こしてしまいます。ですから多くの方が血圧を下げる薬を飲んで、血圧を下げようとします。
しかし、多くの人は薬を飲み続けることに抵抗を感じます。そんな方におすすめなのがルイボスティーです。
高血圧の原因として、塩分の取り過ぎや不規則な生活やストレスなどが知られています。こういったものが原因となり、体内に活性酵素が異常発生します。その活性酵素が血管を収縮しやすくしてしまい、血圧を上昇させてしまうのです。
ですから、体内に発生した活性酵素を取り除けば、血圧も安定します。ルイボスティーには、活性酵素を取り除く働きが備わっています。ですからルイボスティーを飲めば、活性酵素が取り除かれ、血圧を改善することができます。
もちろん、改善できるだけでなく、予防もできますので、血圧が気になる方には毎日飲んでいただきたいです。薬ではなく、健康茶なので、体にはまったく害がありません。高血圧が心配な方は、試してみるといいです。

 

葉酸

 

爪水虫を悪化させ無いために

 

足の指に水虫が発生した場合には痒みなどを生じますから誰でもすぐに治療を始めることになります。
ですが爪の場合は感覚がありませんから爪水虫が発生してもそれに気づかないこともあり、悪化してから気付くということも少なくないのです。
そして状態が酷くなってしまった爪水虫に関しては完治までに長い時間がかかりますし、薬の費用も高くなっていきます。
では爪水虫を悪化させないためにはどのようなことに注意するべきなのかというと、まず基本となるのが「病院を受診する」ということです。
通常の水虫に使用するような塗り薬でも効果が完全にないというわけではありませんが、爪の表面に塗っても爪の奥まで成分が浸透しなくては意味がありません。
そのため飲み薬で原因菌である白癬菌を殺菌していくことが必要になるのですが、この薬は病院で処方してもらうしかないのです。
また同様に悪化をさせないために自宅で行っておきたいのが、しっかり清潔な状態を保つことです。
外から帰宅した場合には足を石鹸で洗って乾燥させる、それが難しい場合であればアルコールを使用したウェットティッシュで足の全体を拭いて乾燥させるようにするだけでも問題ありません。
とにかく注意するべきなのが病院を速く受診することと清潔を保つことです。
この二つのポイントは基本中の基本としてしっかりとチェックしておくようにしましょう。

 

できた?できてない?排卵検査薬と推測される線

 

排卵日検査薬は、尿中の黄体形成ホルモン(LH)の濃度を検査して、排卵日を予測します。LHは排卵日の直前に急増するため、LH濃度が上昇した場合に「陽性」と判定する仕組みになっています。排卵後の卵子の寿命は12〜24時間と言われていますので、妊娠するためには、この期間に受精する必要があります。排卵日検査薬で陽性になると、その後36時間以内に排卵があることが予測できますので、陽性反応後の3日間程度の間に性交渉を持つと妊娠の可能性が高くなります。
排卵日検査薬は、生理終了後の10〜13日後から使い始めます。スティックの先端に尿をかけるか、紙コップなどに採取した尿に浸した後、平らな場所に置くと、判定窓に結果が出ます。基準ラインと判定ラインを比較して、基準ラインと判定ラインの濃さが同じか判定ラインの方が濃い場合には「陽性」、基準ラインのみか判定ラインの方が薄い場合は「陰性」です。どちらの線も表示されない場合や、判定ラインのみが現れる場合には無効です。
LHは普段から少量の分泌があり個人差もあるため、陽性判定が続いたり、陰性判定が続くこともあります。次回の生理周期に再検査するか産婦人科に相談するとよいでしょう。

 

排卵日検査薬

 

妊娠検査薬を使う前に知っておきたい化学流産って?

 

化学流産とは、受精後に着床が続かなった状態で、妊娠反応が陽性になった後、超音波検査で子宮内に胎嚢が見える前に発育が終わって出血します。この場合の出血は、生理に比べると多くて長いなど、通常の生理と異なる場合が多いのですが、変わらない場合もあります。
妊娠検査薬では、妊娠すると分泌されるhCGホルモンを検知して妊娠の判定をしますが、化学流産の場合、一度は着床しているためhCGホルモンが分泌されており、これに検査薬が反応して陽性反応が出るケースがあります。
初期の着床異常の原因は、ほとんどが受精卵の染色体異常によるものです。受精卵の約45%には染色体異常があると言われており、そのうちの半分は着床せずにそのまま生理になります。着床後の染色体異常は約25%程度ですが、途中で流産や死産となるケースがほとんどで、出産まで至るのは0.6%程度です。
流産の場合には、強い腹痛や出血などの症状がありますが、化学流産には自覚症状がほとんどなく、多くの場合、妊娠検査薬を使わなければ気がつきません。また、基本的に掻把などの医療措置は不要で、次の妊娠までに期間をあける必要はありません。予防策はありませんが、繰り返すリスクなどはないので、心配せずに次に備えてください。

 

排卵検査薬

 

爪水虫が悪化する環境

 

爪水虫の原因でもある白癬菌は、高温多湿を好む菌なので、ジメジメタイプの場合は夏が過ぎると症状が一時的に軽くなることがあります。
しかし、軽くなっただけで完治したわけではなく、皮膚や爪の中に潜んでいて乾燥している時期でも靴やブーツなどを履いていると高温多湿になるので症状が悪化することもあります。
冬に何とか抑えていても、気温が高くなってきて梅雨や夏になると症状は酷くなります。

 

爪水虫は、初期の頃は放置していても痛みやかゆみなどの自覚症状が殆どないですが、何も処置をしないとどんどん酷くなります。
症状が進んでくると爪が厚くなって色が濁り、方も変形してしまい、最初は一つの爪だけでも他の爪へも感染してしまいます。
進んでしまうと治療も難しくなり時間もかかるので、早めに治療を受けた方がよいです。

 

また、爪水虫が厄介なのは放置していると、家族など他の人にも感染させてしまう可能性が高いことです。
白癬菌自体の感染力は強くないため空気などではしませんが、足ふきマットやスリッパなど他の家族が使う可能性があるものを使用したときに感染してしまうので、感染したことがわかったら他の人とは違うマットやスリッパなどを使うようにして、早めに治療をするように心がけましょう。

 

爪水虫

 

 

 

 

2015/07/25 15:28:25 |
性器ヘルペスを治す!治療法と対策性器ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスが原因で起こる性感染症です。皮膚や粘膜からヘルペス菌が体内に侵入してしまい、初めて性器ヘルペスに感染してしまった方は重症化してしまうこともあります。性行為の際にコンドームを使用することで感染を防ぐこともできますが、慢性化しやすい症状でもあるため早期に正しい治療を行うことが大切になります。性器ヘルペスの主な症状として挙げられるのが、発熱や痛み、むずがゆさなどがあります。また、小さな水泡が潰れることで、さらに痛みやかゆみを増してしまうので塗り薬や飲み薬で治療することが欠かせません。初感染後、再発してしまうこともありますが、症状は比...
2015/07/25 15:27:25 |
爪水虫とアロマオイル皮靴やブーツの流行に伴なって、爪水虫に悩む人も増加の一途をたどっています。爪白癬とも呼ばれる爪の水虫は、非常に治しにくい病気の一つと言われています。爪水虫になった場合の基本的な治療法としては、抗生物質を飲み続けることとされています。それも、一年以上という長い期間にわたって飲み続けることが必要となるものです。しかし、こうした薬には副作用もあるため、ほかの治療法を求める人々も多くなっています。そこで、発見されたのがアロマオイルを用いた治療法です。たとえばティートリーというアロマオイルは、殺菌作用や抗菌作用の効果が高いことで知られています。そのため、風邪や花粉症などの初期症状にも...
2015/07/23 17:10:23 |
妊娠検査薬はコンビニでも買える?妊娠したかもしれないというときに、緊急で購入したいと思うのが妊娠検査薬です。これは尿をかけることで妊娠しているかどうかを陽性・陰性で調べることができるものです。通常では、ドラッグストアや薬局などで販売しているので、そういったところで手軽に購入できます。しかし、24時間で夜間でもすぐに必要なときでは、24時間営業のドラッグストアなどを探すといいのですが、中にはコンビニでも販売されていることもあります。しかし、すべてのコンビニにおいてあるというわけではないので、注意が必要です。コンドームのようなものではほとんどのところで扱っているのですが、妊娠検査薬ではおいてある店...
2015/07/23 17:10:23 |
まつげ美容液、即効性はどれくらい?中には、すぐにまつげを伸ばしたいという即効性を求めることもあるでしょう。この場合、まつげを伸ばしたい人がまつげ美容液を使ってどのくらいの期間で効果があるのでしょうか。まず、大体の場合はそこまで早いということはないようです。眠って翌朝、すぐにまつげが伸びた、と実感できることは少ないようで、だいたい数日間は使い続ける必要があります。このため、だいたいまつげ美容液の効果を実感できるためには3週間は必要とされています。これは毛の生える周期にもより、まつげの毛の周期はだいたいこのくらいなので、長くなったり太くなったりと考えるのなら、概ねこのくらいは見ておいたほうがいいよ...
2015/07/23 17:09:23 |
かに通販、漁師をする人はどんな人?日本海のかに漁師が店主の、かに通販は人気があります。かにに関してはプロの漁師が、とれたてのかにを冷蔵でかに通販として販売しています。冷凍と冷蔵では味がだいぶん違ってきます。漁師が店主のかに通販は、冷蔵で配送されるため、おいしさが評判となっています。そのため配送される日は、きちんと問い合わせをするなどして、理解をしておくことが大切です。おいしいかにを食べるためには、購入者の方も通販会社と協力をして歩み寄ることが必要です。かに漁の関係で、食べることの出来る時期も限られています。季節の食べものは、いつでも購入出来る状態にないからこそおいしく、大切なものとして味わうこ...
2015/07/23 17:09:23 |
妊娠中カンジタ:赤ちゃんへの影響カンジダ膣炎とは、カンジダ真菌が増殖して膣周辺に病変が起こる病気ですが、この菌は人間の口の中や皮膚に常在している菌なので、何らかのきっかけで増殖すると外陰部の痒みや腫れ、湿疹、排尿痛などが起こることがあります。妊娠中は体に様々な変化が起こります。特に、おりものの増加やつわりによる体力低下といった原因によって、カンジダ菌が増殖しやすくなります。妊娠中にカンジダ膣炎にかかり、そのまま出産を迎えると、産道を通って生まれてくる赤ちゃんに影響を与える可能性があります。出産時に赤ちゃんが感染してしまうと、舌に苔のような白いカビが発生する鵞口瘡になったり、菌によるおむつかぶれ...
2015/07/23 17:08:23 |
わかりやすい糖尿病の仕組みについて皆さんは糖尿病と聞くと、糖分の摂りすぎや、肥満、運動不足などの生活習慣が悪い人がなる病気だと思っていませんか?でも必ずしもそうではありません。ここではわかりやすい糖尿病の仕組みについて、ご説明していきたいと思います。原因には、遺伝による体質、加齢、ストレス、肥満、運動不足などがあげられますが。治療にはインスリン注射や薬物治療も効果がありますが、生活習慣の改善を並行して行う必要があります。なぜインスリン注射をするのかというと、血糖を正常に保つ働きをするインスリンですが、糖尿病になるとこのインスリンの働きが悪くなり血糖値を下げることができなくなるために、注射で補う...